忍者ブログ
日々のぼやきをつらつらと。ヲタク注意。
[45]  [44]  [43]  [42]  [41]  [40]  [39]  [38]  [37]  [36]  [35
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

4日の記事にするはずだったのに、日付が超えておりましたー…

3日に初めてコンサートというものに出掛けました。
定期演奏会や、小さなコンサートには行ったことがあったのですが、有名な方のライヴというのは初めてで緊張いたしましたー
続きからつらつらと書いてみようと思います。
興味のある方はどうぞ~



以下、長文注意です


まず何のライヴかと申しますと永ちゃんのライヴであります。
矢沢永吉さんですね。
母に誘われて一緒に行って参りました。

市民文化センターが会場で、私達は1階の一番右奥の席でした。
けれど、この市民文化センターは大きな都市のそれに比べたら小さいほうです。
武道館や東京ドームだとしたら、Aブロックに匹敵する距離でした。
肉眼で結構大きく確認できるんですものー…!
永ちゃん自身もかわいい会場に映ったのでしょうね。
「こいう会場も味があっていいね」と仰っておりました^^

今までこの文化センターには何度か足を運んだ事があるのですが、今回は開演前から本当にそれまでと同じ会場なのかと思うほど別世界でした。
何度も目にしたステージには幕が張られ、会場内にはうすくスモークがたちこめており。
年季の入ったファンの皆さんが15分前からきっちり5分ごとに永ちゃんコールをおくって、開演前からかなりの熱気。
熱い永ちゃんコールの中、幕が切って落とされると同時に演奏、わっと歓声。
少し演奏が続いてから、永ちゃん本人がステージ脇からさっそうと登場してきました。
スピーカーから流れてくる声が、永ちゃんの声で、CDとは違い、息遣いや抑揚が直に聞こえるのです。
たった今、ここで歌っているのだと思うととても不思議な感じがしました。
生の演奏って素晴らしいですね。
なんというか、歌手さん本人の気持ちや熱が直に伝わってくるのです。
曲にアレンジも加わっていて、CDとはまた違った曲に聞こえました。

しかし、今回の全国ツアーは還暦+ソロ活動30年を記念したもののはずだったのですが。
本当にこの人は60歳なのかと思うほどのパワフルさでありました。
続けて歌う事自体が結構疲れる行動なのに、ステージを右から左へ走り回ったり、マイクスタンドを振り上げてみたり。
遠目から見ても腕の筋肉がしっかりとしているのが確認できて、常日頃のトレーニングの話を思い出しました。
もう、本当にぐいぐいと会場の人たちを引っ張っていくのです。
テレビやCDでも魅力や力強さは感じていたのですが、今回は生で、身体でその力強さを実感しました。
確かに今、目のステージに立っているのに、ステージと観客席は別の世界のように感じました。
もう世界が出来上がっているのです。
本当に輝いていて、この人は本物だと思いました。
永ちゃんのステージで元気をもらえる方が沢山いると聞きましたが、本当ですね。
これは素晴らしいパワーを貰えますよ…!

今回は本当に貴重な経験だったと思います。
誘ってくれた母親に感謝であります。
まだまだ続く永ちゃんの全国ツアー、最後まで頑張ってください!
きっと、永ちゃんは死ぬまでかっこいいでしょうね^^
 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
リンク
つなびぃ
忍者ブログ [PR]