忍者ブログ
日々のぼやきをつらつらと。ヲタク注意。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

えー、ブログを書いたのが本当に昔の様に感じます。
前回のトップ絵企画から2ヶ月が過ぎて、今は暖かい4月であります…!!
いい加減、トップ絵を変えねばー…!!

えー、今月の7日で私が地元である福島県から避難をして丸1年が経過しました。
事故が起こってから1年と1ヶ月。
事態は悪い方向に向かっているようにしか感じられません。
特に政府は原発にしがみついている人々が見えてきて、余計にイライラしてしまいます。

ブログはこの通り、のろのろ更新ですが、ツイッターは毎日入り浸っています。
始めた当初から、内容は見事に漫画やチョコレートの話でした。
しかし3.11以降からは、原発関連のリツイートやコメントが増えて、きっと「放射脳」といわれるだろうなと自分でも感じています。
しかし、放射能、放射性物質というものは、気をつければ気をつけただけ良いと覚えておいたほうが良いと、私は思います。何かがあった後では、きっと後悔します。
まさか日本の政府がここまで隠蔽体質だったとは思っていなかったので、3,11以降、物凄いショックを受けました。
また、何が本当に正しい情報なのか分からないことも物凄く不安でたまりません。

ただ、これだけは分かります。
原子力発電という、それは大変なものを人は作ってしまったうえに、動かしてしまったのです。
非常にリスクが高く、上手な扱い方も分かっていない、詳しいことがまだまだ分かっていない、得体の知れないもの…私たちの力量で操れる範囲のものではないのです。
そして、事故が起こった場合は何の罪も無い、多くの人々が犠牲になってしまうのに、原発で儲けている人々は、自分たちだけ安全地帯でのうのうと過ごし、こちらの保障などする気は全く無い。
良い様に扱われてしまっているのです。
もう、二度とこんな事故を起こしてはいけません。私たちは原子力というものを手放すべきです。

以上、つらつらでした。
つたない文章の上、気分を害されてしまいましたら、申し訳ありません…
PR
本日は9月11日…震災から半年が経過しました。
岩手や宮城など、少しずつ復興が目に見えてきていますが、残念ながら、福島だけはやはり悪化の経路を辿っているようにしか見えません。

政府の方が「死の町」とテレビで言ってましたが、聞いて嫌な気分がこみ上げてきましたが、言われても仕方がありません。
でも「死の町」にしたのは東京電力に他ならないのです。福島の人々は何も悪くありません。
東京電力とその安全デマに加担している、政府、マスコミも同罪だと私は思います。
なんで正々堂々と「直ちに身体に影響はない」などとのたまえるのでしょうか。自分の家族は遠くへ避難させているというのに。
避難地域になっていない福島は緊急避難レベルの数値が出ているというのに、何も発表しない。
それに加えて、現在の緊急時避難地域を解除など、福島の人々を馬鹿にするのも大概にしてくれといいたいです。

そして、事故を収束すると言っておきながら、他の原発を稼動させるなど平然と言ってのける。
最近では、情報を隠す事が難しくなってきたようで、少しずつ3月頃には既に危なかったのだという事を半年たった今頃になって情報公開をしています。
彼等は福島に住んでいる人々を何だと思っているのでしょうか。
もっと早くに公開してくれたなら、避難も早くできたはずなのに。

最近になって、福島県民の体内被曝検査が行われ始めたそうですが、進んでいるのはまだ1%にも満たない上に半年も経つと、放射性物質は体外に排出されなくなってしまうのだそうです。しかし、体内には蓄積されている。あと1ヶ月は早く検査を行えば、測定できたのだそうですが。政府がこれを狙ってこの時期に検査をずらしたのだとしたら、ふざけているとしかいえません。
「体外には検出されていないから、心配ない」などというつもりなのでしょうか。

5月ごろ、郡山市で鼻血が止まらない、めまいがするといった症状を訴えていたお子さんが数名いらっしゃった様なのですが、今では一体、どうなっているのかと思うと寒気がします。
もっとその症状が進んでしまっているのでは、もっとそういった症状を訴えているお子さんが増えてしまっているのではと思うと恐ろしくてなりません。
何故政府は子供だけでも非難させてくれないのでしょうか。
子供の身体は放射性物質の影響が回るのが恐ろしいほどに早いのに…
数年後、お子さんだけでなく、若者や老人の方でも、ガンや病気(放射性物質の影響で亡くなるのはガンよりも免疫力低下による病気の死亡が90%以上なのだそうです)で亡くなる方が出ても、それは数値とは関係などとのたまう、もしくは発表もしないつもりなのでしょうか。
本当に何を考えているのでしょうか。
それでも、少しずつ避難をしている方は増えて、202万はいた人口が現在では199万人にまで減っています。
とても悲しいのですが、でも、命の心配が先だと考えます。
どうか、多くの人に早く避難して欲しいという気持ちでいっぱいです。
数年後、数十年後に後悔してほしくありません。

非核三原則、「もたず」「つくらず」「もちこませず」とうたっている我が国。
原発を持っている時点で、その三原則に反しているのではないでしょうか。

以上、つたない言葉の上に長い文章になってしまいました。
個人的感情も含まれて降りますので、米粒のぼやきだと受け取ってやってください。
被災地のいち早い復興と原発事故の収束を心から祈っております。
震災から一ヶ月が過ぎました。
あっという間の様な、とても長かった様な…何ともいえない心境です。

この一ヶ月で、少しずつ復興が見えてきました。
仙台空港が再開したり、少しずつ東北新幹線も通るようになったり。
地元の電車も途中までですが、開通しました。
被災地の方々の仮住宅も少しずつ出来始めてきています。
テレビを見ていると、沢山の人の苦しみや悲しみ、悲痛な叫びが痛いほど伝わってきます。
それと同時にとても温かい心遣いも沢山伝わってきます。
少しずつ復興が進む中でまた震度6弱と強い余震に見舞われ、犠牲者が出てしまいました。
とても悲しい事だと思います。
それでも、少しずつ復興は進んでいます。
現地の人々の頑張りと、支援をしてくださる人々の力が合わさって、少しずつ復興が進んでいると思うと、胸が熱くなります。
一日でも早い復興を心から祈っています。

しかし、この一ヶ月、私の故郷である福島は復興が進む中で、悪化の一路を辿っています。
福島原子力発電所の事故です。
初めは2週間もすれば収束するだろうと思っていましたが、事態は悪化するばかりで、収束が全くもって目に見えません。
私は原発避難区域から避難されてきた人々を目にしています。
本当に、着の身着のままとにかく急いでバスに乗れと言われた様で、荷物もあまり持たずに出てきた様子でした。
その方々は今でも地元に戻ることができずに、体育館などで避難生活をしています。

一番ショックだったのは、テレビで発表されている情報が操作されているものだという事でした。
東京電力と政府は自分の都合の良いように、報道者や学者さんたちを操って「まだ健康に害はない」「健康に影響の出る数値ではない」とさも安全だという様に報道していますが、本当は危険なのです。
どうしてここまで隠蔽したがるのでしょうか。そんなに、自分たちの利権が大事なのでしょうか。
危険地帯に沢山の人々を一ヶ月も放置するのは見殺しにするのと一緒です。
逃げ出したい方々は沢山います。けれど、経済的事情や、お仕事など、様々な都合で逃げられない人々が沢山います。
そして政府は避難地域外は「自主避難」と称して、避難の為の資金を出したくないための言い訳にしています。
自分たちの遊び金はある癖に、どうして避難や支援の為に資金を回さないのでしょうか。
海外メディアは日本の報道体制を酷く批判しています。
国民にまず放射能がどれだけ危険なものかを報道で教えるべきなのに、そういった情報は報道しない。
さも、安全の様な言い方をする。本当にふざけていると思います。
そしてネットで正しい情報が流れるのを恐れて、今度はネットの情報規制の法律まで改正しました。
そこまで隠蔽しなくとも、もう気づき始めているはずです。
そして、多くの方々が東京などで反原発デモを起こしてくださっているのに、それをテレビで全く取り上げない。
いい加減にして欲しいです。

今回の事故は、色んな因果が巡って起こっています。
原子力発電というものの存在、原発を受け入れてしまった自治体、原子力発電所のずさんな設計、原発を増やすのに許可を出した現佐藤知事、原発事故の判断を誤ってばかりの管政権、隠蔽する報道陣…
私の母はこれは大量殺人だと言いました。私もそうだと思います。
しかも、何を根拠に判断したのか分からない、彼らの言う低濃度の放射能汚染水を何の許可もなく海に放出したのです。これは立派な犯罪です。
日本は海外からは海洋汚染テロ国家と言われてしまっています。当然です。
海外からの沢山の励ましや支援、たくさんの温かい気持ちを踏みにじったも同然です。
本当に政府と東京電力は何を考えているのでしょうか。
これから、降り注いだ放射物質と、水に溶け込んだ放射物質による汚染がより酷いものになっていきます。
放射物質は食物連鎖が一番恐ろしいのです。
放射物質は植物や魚の中に入ると数百倍にも濃縮され、それが続いていき、汚染された食べ物を人間が口にすると体内被爆を起こします。
体内被爆すれば、遺伝子が破壊されてしまい、自分だけでなく、子孫にも影響が出てしまいます。
そして体内から発せられる光線で周囲の人にも影響が出てしまいます。
福島というだけで、検査をしなければ病院にかかれないケースも出てしまっている聞きました。
悲しいことに福島の女の子は嫁にもらえないと言われてしまっている上、実際に縁談を断られてしまった例も出てしまっています。それに加えて、福島の避難児童が放射能がうつると一部で偏見されてしまっています。とても悲しい事です。

これから福島県産の農作物、海産物が出荷できない、できたとしても風評被害で売れなくなってしまうのは目に見えてしまっています。
また、海に汚水を流したことにより、福島だけでなく、周囲の県…茨城県や栃木県、千葉県などでも魚が取れなくなっしまいます。それどころか、汚染された魚を渡り鳥や長距離を泳ぐ魚が食べてしまえば海外でも大きな影響が出てきます。
コイナゴから基準値以上の放射性物質が検出されてしまっている現在、もう食物連鎖が始まってしまっていると思って良いかと思います。
世界からは日本国産の食品が輸入禁止されている上に、食品以外にも工業製品まで輸入に規制がかかりはじめています。
これから、日本のものが輸出を拒否されてしまう事が懸念されるのもそうですが、最悪の場合、海外から輸出をしに来てくれなくなる恐れがあります。ほとんど鎖国の状態になってしまうかもしれません。
日本が貧しい国になってしまうだろうと、ドイツの学者さんが言ったそうですが、ネット上でもすでに分かっていると発言している方々は多いです。

沢山の犠牲を出してしまう原子力発電所の事故…
チェルノブイリの事故があったのに、どうして原発を世界各国に作っているのか。
今回の事故は人間の醜さの結果かと思います。
もう二度と原子力発電所を使うべきではないと思います。
人間が原子力を捨てるべきだと教えられているのではないでしょうか。

つたない言葉の上、長々としたこんな記事を読んでくださった皆様、ありがとうございます。
ただ、100%正しい情報とは言えないことと、私の偏見も入っておりますので、米粒の戯言と軽く流してくださればと思います。
けれど、読んでくださった皆様に何か伝わるものがあれば幸いです。
ブログを更新せず、いつの間にか三月も下旬です…
そして、11日に起こった、東北関東大震災から2週間が経過しようとしています。
米粒は福島に在住の為、地震が起こった時は震度6弱の地域におりました。
しかし、運良く怪我は無く済みました…家族も全員無事でした。
家も棚やら何やら倒れて、ごちゃごちゃした以外特に大きな被害はなく、被害は少ないほうです。
本当に良かったと思います。
ニュースで避難所で生活している方々や、まだ行方の分からない身内の安否を待っている方々を見るたびに心苦しくなります。
被災地の早い復興を祈るばかりです。
そして一番嫌なのが原発です…
地震は天災ですが、これは人災としか言いようがありません。
これまで発展してきた代償、また原発を受け入れてしまった代償とも言えるのでしょうけれども…
これから福島県の食べ物や製品が売れなくなってしまうと思うと、とても悲しいですし悔しいです。
また、福島県を訪れる方も少なくなってしまうかもと思うと、寂しくなります。
これまで、あまり自分の出身地はあまり好きだと思ったことは無かったのですが、
この様な事態が起こり、福島があまり良くないと思われる事がとても悲しくなりました。
どうか、風評被害だけは止めて頂きたいのです。
どうか、福島だから駄目だというイメージを持つ事だけはしないで頂きたいのです。
やはり、自分の故郷が悪く言われるのは苦しいです…
この記事を読んで下さった、皆様、どうか宜しくお願い致します。
つたない言葉ですが、この記事を読んで下さった皆様に少しでも何かが伝わればと思います。



カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
つなびぃ
忍者ブログ [PR]